FC2ブログ

| EDIT



冷たい風が

汚れた窓を叩いている


それはまるで僕を呼び出すように

ゴトゴト音を立てている


急いで暖めようとしたから


石油が轟音をたてて燃え

あの忌まわしい臭いが

喉に絡みついて仕方ない


渇いた部屋は

ユラユラと歪められて


汚れた窓と

温められた窓が


世界をより醜く

世界を誤魔化していく


冷たい風はあれからずっと

僕の耳元で吹いていて


胸の奥深くに留まっていた

灯りが次第に小さくなっていく事に

気付きながら


薄れていく記憶が

宙に浮かんでは消えていった


行き場を失くした日常は

粒子を集めて閉じこめて


二つの大きな雫が

汚れた窓を

寄り添うように伝って

ゆっくりと落ちていく


二つの大きな雫は

渇いた窓を

一度も交わる事無く

ゆっくりと落ちて



僕はその名を呼んだ



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Category: lyric

COMMENT

Merry Christmas☆

『窓』
とても素敵でした。

冬の季節がよく描かれていて、
忘れる記憶、忘れられる記憶、そして
雫の行方。
切なさを感じ、胸に沁みわたってきました。

暖炉の前で、薪の音を聞きながら
この窓を読み終えると、
そっと胸にあてたくなるような、
温かで、切ない思いがしました。

JKさん、余韻を残すのが本当にお上手ですね!

今日はクリスマス。
もう少し、この余韻に浸っていようと思います。

Ladybird #- | 2016.12.25(Sun) 22:34 | URL | EDIT

>Ladybirdさん

こんにちは。
良いクリスマスを過ごされましたか?

暖炉の前で薪の音を聞けるなんて
素晴らしいお家ですね。

暖炉や薪だとこの詩も変わってきます(笑)

感性豊かだと色々と読み取れてしまうんでしょうね。

余韻が残り、読み返したくなる作品が
理想です。

表現力が乏しいので
また違った切り口を切り開いて
いければ良いのですが(笑)

愉しんで頂けたようで
胸を張って新しい年を迎えられそうです。

いつも有難うございます。
良いお年をお迎え下さい。

JK #- | 2016.12.27(Tue) 11:24 | URL | EDIT

こんばんは。

交わらない雫が、何とも切ないです・・・。

五感が刺激されるようでした。
表現力に感動です。

月夜野 #- | 2016.12.29(Thu) 23:22 | URL | EDIT

薄れてゆく記憶…
刻印された記憶…
蘇えされる記憶…
どんな記憶も人生の通過点であり
過去、現在、未来へと繋がる。。
いつも素敵な詩を読ませていただき
ありがとうございます♡
寒い季節、風の音で目を覚まし
灯油ストーブをつけると窓に結露ができますね。
交わらない雫は、いつか交わることができるのかな?
交わることができるといいなJKさんと^ ^

dama #- | 2016.12.31(Sat) 12:54 | URL | EDIT

こんばんは

汚れた窓と
石油の匂いが印象的で
ずっと頭の中に残っています。

人それぞれの切り口とは
本当に面白いですね。

普段、気にもかけないことが
とても新鮮に聞こえたり、感じたり・・。
私にとっては良いビタミン剤となりました。
切ない詩ではありますが
思いが沁み込んできて、潤されます。



また楽しみにしています。

では、よいお年を。





蘇芳 #- | 2016.12.31(Sat) 22:30 | URL | EDIT

>月夜野さん

新年明けましておめでとうございます。

>交わらない雫が、何とも切ないです・・・。
>五感が刺激されるようでした。

そのように感じて頂き、
とても嬉しく思います。

過去の作品の集大成的に纏まり、
マンネリ化したかなとも思ってました(笑)

>表現力に感動です。

まだまだ小童だなぁという所感です。
もう少し違った表現は出来ないものかと
悶えています(笑)

少しずつ変えていけるように
世界を見つめてみます。

本年も宜しくお願い致します。

JK #- | 2017.01.02(Mon) 23:46 | URL | EDIT

>damaさん

明けましておめでとうございます。

>薄れてゆく記憶…
>刻印された記憶…
>蘇えされる記憶…
>どんな記憶も人生の通過点であり
>過去、現在、未来へと繋がる。。
>いつも素敵な詩を読ませていただき
>ありがとうございます♡

何か映像が頭に浮かんだのなら、
私は大満足です(笑)

>寒い季節、風の音で目を覚まし
>灯油ストーブをつけると窓に結露ができますね。

そうなんですよ、結露を題材に
描けないかと思い綴ってみました。

本当のタイトルは結露ですね(笑)

>交わらない雫は、いつか交わることができるのかな?
>交わることができるといいなJKさんと^ ^

私と交わりたいと仰って下さるなんて...
有難うございます。

本年もsusteenをお楽しみ頂けるよう、
題材を探し歩きますね(笑)

JK #- | 2017.01.02(Mon) 23:55 | URL | EDIT

>蘇芳さん

明けましておめでとうございます。

>汚れた窓と
>石油の匂いが印象的で
>ずっと頭の中に残っています。

最初に公開してから、
気に入るまで手直しを後手でさせて
頂いていて、、、当初と違う感触に
なりますが、どうかご贔屓にお読み頂ければと思います。

>人それぞれの切り口とは
>本当に面白いですね。
>普段、気にもかけないことが
>とても新鮮に聞こえたり、感じたり・・。
>私にとっては良いビタミン剤となりました。
>切ない詩ではありますが
>思いが沁み込んできて、潤されます。

そうですね、何気ない言葉とかその状況とか、
余り普段気にもしない事をフォーカスすると
良い物が生まれたりしますね。

その人の感覚で
新しい物にも見えたりするのは、
詩の醍醐味と思います。

>また楽しみにしています。
>では、よいお年を。

私も蘇芳さんの作品を楽しみにしています。
本年も宜しくお願い致します。

JK #- | 2017.01.03(Tue) 00:02 | URL | EDIT

明けましておめでとうございます。

冬の寒さを感じながら窓を読ませて頂いてます。

過ぎ去った日々、忘れる事の出来ない出来事を想い出す様な、とても哀しくて、切ない詩ですね。
いつもながら表現力がJKさんらしくて素敵です。
汚れた窓と渇いた窓が、いつか、清く透き通ったものへと変わると良いですね。

私は雨の夜はとても好きです。
安らぎとでも言うのでしょうか、とても心地良く眠れるんですよ。人は少し変わり者の様に言いますが。

コメント遅くなってごめんなさいね。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

hiro #- | 2017.01.03(Tue) 23:39 | URL | EDIT

>hiroさん

明けましておめでとうございます。

>冬の寒さを感じながら窓を読ませて頂いてます。
>過ぎ去った日々、忘れる事の出来ない出来事を
>想い出す様な、とても哀しくて、切ない詩ですね。

外は寒いので暖まる詩をと
思うのですが、こうした詩が結構好みなんです(笑)

人それぞれの経験から
思い出として心に残っている
燻った出来事で、皆がそれぞれ
回想する事が出来る詩という媒体は、
こうしてコメントを頂く事で
如実に実感致します。

描いて良かったと。(笑)

>いつもながら表現力がJKさんらしくて素敵です。

そう言って頂くと、
大変嬉しく思います。

もう一段昇華させたいのですが、
中々上手くいかないのが現状です。

>汚れた窓と渇いた窓が、いつか、清く透き通った
>ものへと変わると良いですね。

そうですね、曇った窓を綺麗にしたいですね(笑)

>私は雨の夜はとても好きです。
>安らぎとでも言うのでしょうか、
>とても心地良く眠れるんですよ。
>人は少し変わり者の様に言いますが。

一定に降りしきる雨は
雨音のリズムが同じなので
心地よいかもしれませんね。

降り始めや気圧が不安定だと
不規則なリズムで私は眠れないかも。

仕事でそんな事なく、
のび太のようにおやすみ3秒でしょうが(笑)

>コメント遅くなってごめんなさいね。
>本年もどうぞ宜しくお願いします。

コメントが遅いのは私です。
気をつけますね。

此方こそ、本年も宜しくお願い致します。

JK #- | 2017.01.04(Wed) 02:29 | URL | EDIT

最近、どう詩を書いていいのか、わからなくなった。
それでも君は書いている。
素晴らしいことだ。
そう思いますよ。
今年も、宜しく

金さん #n05n40aw | 2017.01.11(Wed) 16:25 | URL | EDIT

>金さん

ご無沙汰しております。

私は金さんのように
様々な詩をコンスタントに
創出されている姿に感銘を受けています。

続けていく事の困難さも踏まえ、
独自の世界観を少しずつ変化させながら
100作を目指して進んでいきます。

本年も宜しくお願い致します。

JK #- | 2017.01.12(Thu) 08:13 | URL | EDIT

POST COMMENT


↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。