FC2ブログ

unforgiven

| EDIT

朝陽が黄金色で


空が透き通るように青く


息が白く僅かな姿を見せる


何でもない光景に


心が震えるのは


取り留めもない出来事が


胸の奥深くに棲みついているから


同じように見えているようで


鳥の群れの量子現象的飛行や


子供の頃に嗅いだ洋食屋の匂いや


ホームへと急ぐヒールの音や


雨で濡れた路面に滲む街の光や


波が砂浜を隠す潮騒や


僕が伝えたかった言葉の意味は


きっと同じようで


同じではないんだろう


心の奥深くに潜む気なら


unforgivenと対峙して


この美しい世界を


美しいと言える自分を


取り戻さなければならない


自身がunforgivenを


産み出してしまう前に



ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

Category: lyric

COMMENT

この世界は美しい
この世界を守る為に
何ができるのだろう
unforgivenになってるのかな?

dama #- | 2015.12.01(Tue) 14:43 | URL | EDIT

許された者

同じ景色
同じ空気
同じ言葉が
決して同じようには伝わらない

もどかしさ
くやしさ
不が心を覆う

不は打開すべきもの

許された者は
幸を届けるだろう。

R #- | 2015.12.02(Wed) 00:20 | URL | EDIT

子どもの頃の感覚や感性のまま、大人になることはできませんから…
不変なものはこの世に存在しないのだと、つくづく思います。

野津征亨 #- | 2015.12.02(Wed) 12:51 | URL | EDIT

JKさんへ

お久しぶりですね。お待ちしてました!

今までのJKさんの文字を追っていくと、美しいものを美しいと感じられ、また、寛容な心をお持ちの方と想像できるのですが…。

タイトルは厳しい印象を受けましたが、すぐに美しい情景が浮かんできました。

同じものは何一つとしてなく、同じ毎日もないと思うと、ひとつ、ひとつを大切にしていかなくては。。と、そんな気持ちになりました。

Ladybird #- | 2015.12.03(Thu) 18:37 | URL | EDIT

Jkさん、こんばんは

時の流れでしょうか?子供の頃に見た景色や感じ方とは違い、大人になって色々な経験から、物の見方が変わってきたからでしょうね。同じ景色でも、あの頃の様に美しいと素直に思える。そんな気持ちを、いつまでも持ち続けたいですね。
決して、unforgivenにならない様に。

Hiro #- | 2015.12.06(Sun) 01:34 | URL | EDIT

こんばんは

特別な何かを期待している訳ではなく
何気ない日常の光景に
心を奪われる一瞬。

何度も同じように感動したり
思いを馳せたりするけれど
その時々で
心理の揺れは微妙に違うような気がします。

そんな他愛ない一瞬さえも逃さずに
自分の世界を表現していける
そんな鋭さや強さが、自分にもあったらと思いつつ
書けない時は潔く筆を置く始末(笑)

お久しぶりです。

蘇芳 #- | 2015.12.06(Sun) 21:06 | URL | EDIT

>damaさん

こんばんは。

>この世界は美しい
>この世界を守る為に
>何ができるのだろう

真摯な行動ではないでしょうか。
人を慈しむ心が、今の世界には
欠落しつつありますから。

>unforgivenになってるのかな?

damaさんが感じるままで良いですよ!
感じたままが一番で有り、
答えなどありませんから。

JK #- | 2015.12.07(Mon) 00:04 | URL | EDIT

>Rさん

こんばんは。

>同じ景色
>同じ空気
>同じ言葉が
>決して同じようには伝わらない

>もどかしさ
>くやしさ
>不が心を覆う

>不は打開すべきもの

>許された者は
>幸を届けるだろう。

Rさんは気にされていますが、
私は何の事だったか忘れてしまいました。(笑)

人の気持ちになって考える時間は、
日々に忙殺されてしまうと
抜けてしまうんでしょうね。

私は許すも許さないも、
Rさんとの男同士の熱い絆が根底にある為、
きちんと話せた事が良かったと思います。

最後に幸を届けるとありますが、
生ビールでしょうか?(笑)

楽しみにしていますね。(笑)

って、それよりも、
Rさん詩人じゃないですか!!

この世界で詩を綴ってみたら
如何でしょうか??

スポンサーサイトに追われる日々は、
身体に堪えますが。(笑)

JK #- | 2015.12.07(Mon) 00:19 | URL | EDIT

>Ladybirdさん

こんばんは。

>お久しぶりですね。お待ちしてました!

いつも有難うございます。

>今までのJKさんの文字を追っていくと、
>美しいものを美しいと感じられ、また、
>寛容な心をお持ちの方と想像できるのですが…。

美しい世界は、素直に美しいと感動してしまうんです。
寛容かどうかは・・・自身ではそうは思いません。(笑)

>タイトルは厳しい印象を受けましたが、
>すぐに美しい情景が浮かんできました。

タイトルは、気持ちの良いものではありませんね。

ただ、この鬱屈した気持ちをどうしたら良いかと
考えた時に、3行目までの朝が私を変えました。

>同じものは何一つとしてなく、
>同じ毎日もないと思うと、ひとつ、ひとつを
>大切にしていかなくては。。と、そんな気持ちになりました。

そうですね、
同じ日など存在する事などありません。

一時的な感情で物を推し量ることは辞めて、
本質的な対応を頭に描く事にしました。

この詳細は、
お会い出来た日にお話し致しましょう。

JK #- | 2015.12.07(Mon) 00:38 | URL | EDIT

>野津さん

こんばんは。

すみません、飛ばしてしまいました。。。

>子どもの頃の感覚や感性のまま、大人になることはできませんから…
>不変なものはこの世に存在しないのだと、つくづく思います。

野津さんのお言葉、
仰る通りですね。

私は少年のまま不変せず大人に
なってしまったかもしれませんが。。。(笑)

JK #- | 2015.12.07(Mon) 00:52 | URL | EDIT

>Hiro さん

こんばんは。

>時の流れでしょうか?
>子供の頃に見た景色や感じ方とは違い、
>大人になって色々な経験から、
>物の見方が変わってきたからでしょうね。

物の見方は変わるでしょうね。
大人になれば打算的にになってしまいますから。

>同じ景色でも、あの頃の様に美しいと素直に思える。
>そんな気持ちを、いつまでも持ち続けたいですね。

そうですね、素直な気持ちを持ち続けたいですね。
人を信じ抜く力が必要ですね。


>決して、unforgivenにならない様に。

そうですね、unforgivenを産み出してはなりませんね。

JK #- | 2015.12.07(Mon) 01:05 | URL | EDIT

>蘇芳さん

こんばんは。

>特別な何かを期待している訳ではなく
>何気ない日常の光景に
>心を奪われる一瞬。

>何度も同じように感動したり
>思いを馳せたりするけれど
>その時々で
>心理の揺れは微妙に違うような気がします。

人の価値観や倫理観はそれぞれであって、
見え方も聴こえ方も感じ方も違うのであれば
同じ感覚で物を話してはいけないのではないかと、
今更ながら痛感した次第であります。


>そんな他愛ない一瞬さえも逃さずに
>自分の世界を表現していける
>そんな鋭さや強さが、自分にもあったらと思いつつ
>書けない時は潔く筆を置く始末(笑)

私は鋭くも強くもありません。(笑)
脆い人間です。

>お久しぶりです。

入院されていたようですが、
お身体は大丈夫でしょうか?

私は月末月初に忙殺され、
尚且つスポンサーサイトの表示に
ゴングを幾度となく鳴らされ、
気絶していました。(笑)

毎月掲載していたsusteenに
土が付いてしまった事も要因にありますが、
あのスポンサー表示は、
私の全HPを奪い去ります。(笑)

蘇芳さんもお気を付けて下さいね。(笑)

JK #- | 2015.12.07(Mon) 01:13 | URL | EDIT

再度失礼します。
簡易ながら、年末年始の挨拶に参りました。

今年も一年、JK様並びにJK様の詩の世界に、大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

野津征亨 #- | 2015.12.26(Sat) 14:57 | URL | EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- # | 2015.12.30(Wed) 23:55 | | EDIT

>野津さん

こんばんは。

>再度失礼します。
>簡易ながら、年末年始の挨拶に参りました。

ご丁寧にご来訪頂き誠に有難うございます。

>今年も一年、JK様並びにJK様の詩の世界に、大変お世話になりました。
>来年もよろしくお願いいたします。

此方こそお世話になりました。

大した詩をお届け出来ず
心苦しく思っています。

今年はもう少し多く綴りたく思っています。(笑)

今年も宜しくお願い致します。

JK #- | 2016.01.01(Fri) 04:54 | URL | EDIT

>鍵コメさま

こんばんは。

ご丁寧にご挨拶頂きまして、
大変恐縮しております。

鍵コメさまがいなかったら、
このFC2の詩の世界は
魅力ないものとなります。

絵画も良いですが、
独自の視点の詩を楽しみにしています。

今年も宜しくお願い致します。

JK #- | 2016.01.01(Fri) 04:57 | URL | EDIT

POST COMMENT


↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。