不適合

| EDIT

キーボードから離れ

虚無感を引き摺りながら

不眠の街を抜けていく



夜に蝕まれた人々が

恍惚な顔を浮かべて

通り過ぎて行く



地響きを轟かせて

躍動する地下鉄が

眠りに就くと



実世界が終焉を迎えるように

次々と閉ざされていく

鉄の壁を ただ眺めた



闇に吸い込まれないように

足元に伸びる影を蹴ると



安らげる場所へ

戻れない僕を

不適合者と嘲笑うように

風がシャツを煽った



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

Category: lyric

COMMENT

ここにも一人

JKさま

私のブログへコメントいただき、ありがとうございました。

ここにも夜に蝕まれたものが一人、ネットを徘徊しております(笑)


とても静かな作品ですね。

葛藤と悲しみが見えて、せつない気持ちになりました。

うまく言えませんが、「安らげる場所」が見つかり、望まれるのなら

戻れる日が来ることを・・・


私のブログは、なんでもかんでも集めまくっているなんともなブログですが、

もし良ければ、リンクさせていただけますでしょうか?

今後もお付き合いいただければ、嬉しく思います<m(__)m>

恵瑠 #EkPvv0jw | 2015.05.31(Sun) 01:07 | URL | EDIT

>恵瑠さん

こんにちは。

私も夜は寝付けないと言いますか、
軽い不眠症なので毎日の睡眠時間が
非常に宜しくありません(笑)

読みたいと思う詩を探したりもしてます。

>とても静かな作品ですね。
>葛藤と悲しみが見えて、せつない気持ちになりました。
>うまく言えませんが、「安らげる場所」が見つかり、望まれるのなら
>戻れる日が来ることを・・・

何かを感じて頂けたのなら
とても嬉しく思います。

私も切ない出来事でした(笑)

リンクの件、承知致しました。
拙く不定期な詩集ではありますが、
これからも宜しくお願い致します。

JK #- | 2015.05.31(Sun) 10:36 | URL | EDIT

こんばんは


無機質な夜の描写に
やりようのない孤独感が
痛く伝わってきます。

タイトルが目に飛び込んだ時
「君だよ」と烙印を押されたような気がしたのは
私の被害妄想かと・・・(笑)


お久しぶりです。

重なる負の事象に神経がささくれて
雲隠れしておりました。。。(笑)

- #- | 2015.06.02(Tue) 02:04 | URL | EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- # | 2015.06.02(Tue) 02:08 | | EDIT

おはようございます。

>無機質な夜の描写に
>やりようのない孤独感が
>痛く伝わってきます。

そうなんです、終電に乗り遅れて
帰れない、やりようのない孤独感を
描いてみました。(笑)

>タイトルが目に飛び込んだ時
>「君だよ」と烙印を押されたような気がしたのは
>私の被害妄想かと・・・(笑)

かなり疲弊してますね。
大丈夫ですか?

>お久しぶりです。
>重なる負の事象に神経がささくれて
>雲隠れしておりました。。。(笑)

お仕事のストレスでしょうか。
私も半端ない数字のストレスで
目覚ましより早く上司の顔が浮かび
目を覚ましています。(笑)

お互い無理の無いように
従事していきたいですね。(笑)

p.s.文書と内容で何方のコメントか、
すぐ解りました。(笑)

JK #- | 2015.06.03(Wed) 07:02 | URL | EDIT

紹介

言霊百神 http://futomani.jp/

辻 #- | 2015.06.04(Thu) 20:35 | URL | EDIT

こんばんは。

かつて夜の街を一人で歩いていたとき、
世界に取り残されてしまったと不意に寂しくなることがありました。
夜の更けていく無常さと、それに馴染めないやるせなさ、
淡々とした文章に人間の迷いを感じますね。

読ませる詩だなと感心しました。

×丸 #r8.gCnUU | 2015.06.06(Sat) 21:07 | URL | EDIT

こんにちは

この詩…何だか引き込まれます。
冒頭から鷲掴みです。

『虚無感を引き摺りながら』
『夜に蝕まれた人々』
の表現が殊にわたし好みで、しかも自分とダブって見えてしまいます。

魅力的なJKワールド(笑)、今回も堪能させていただきました。

坂崎 五十八 #- | 2015.06.07(Sun) 08:24 | URL | EDIT

×丸 さん

こんばんは。
ご返事が遅れ、大変失礼致しました。

>かつて夜の街を一人で歩いていたとき、
>世界に取り残されてしまったと不意に寂しくなることがありました。

そうなんですよ、独りで不眠の町を歩いていると
世界に取り残された感覚に陥ります。(笑)

共感出来る部分を確認出来、
大変嬉しく思います。

>夜の更けていく無常さと、それに馴染めないやるせなさ、
>淡々とした文章に人間の迷いを感じますね。
>読ませる詩だなと感心しました。

感じて頂く事が狙いであり、
感心して頂くとは恐縮な思いであります。

いつも有難うございます。

JK #- | 2015.06.10(Wed) 00:46 | URL | EDIT

>坂崎 五十八さん

こんばんは。
ご返事が遅れ、大変失礼致しました。

>この詩…何だか引き込まれます。
>冒頭から鷲掴みです。

物書きの坂崎さんにそう仰って頂くのは
とても光栄です。

掴みは大事ですからね。(笑)

>『虚無感を引き摺りながら』
>『夜に蝕まれた人々』
>の表現が殊にわたし好みで、しかも自分とダブって見えてしまいます。


自分に置き換えてみて重なる部分が多いと、
より身近に感じるものですから。
今の坂崎さんの状態が見えてきますね。

あまり無理なさらずに。

>魅力的なJKワールド(笑)、今回も堪能させていただきました。

JKワールドが確立出来るよう、
表現力に磨きを掛けて参ります。

JK #- | 2015.06.11(Thu) 08:06 | URL | EDIT

POST COMMENT


↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。