胡乱な果実

| EDIT

濡れた果実を手で包み

爪を立てて剥いていく


溢れ出す果汁を

唇で抑えながら


舌と指を使い

皮を落としていく


白く露わとなった

それを口に頬張ると


甘酸っぱさを閉じ込めた

果肉が飛沫を広げる


含んだ甘美は滴り落ち

記憶が霞んでいく


再び目を凝らすと

胡乱な果実が無造作に置かれ

悦に入る僕が鏡に映った


沈黙が憂いを連れてくると

蒸発した果肉の中の種を拾い

そっと掌に包んだ



ブログランキング・にほんブログ村へ


詩人の集い(4)ブログトーナメント - ポエムブログ村
詩人の集い(4)ブログトーナメント



スポンサーサイト

Category: lyric

COMMENT

こんばんは

果実は彼に食べられ
嬉しかったのでしょうか
甘酸っぱい涙を流したのでしょうか
彼にとっての果実とは
彼の食べ方はsexyですね(笑)

花音 #CnI/dZk. | 2014.10.07(Tue) 18:56 | URL | EDIT

>花音さん

こんにちは。

主観は彼なので、
果実が甘酸っぱい涙を流したかは
定かではありません(笑)

彼の食べ方、sexyですか?
皆、果実はこのようにして
食べると思っていました(笑)

この世界を描けなければ、
私の詩は窮屈で退屈に
終わったと思いまして、
無い頭をフル稼働させました(笑)

コメント有難う御座いました。

JK #- | 2014.10.08(Wed) 09:12 | URL | EDIT

抽象的な世界ですね。
果物を擬人化してる、、、といったほうがいいのかな?
というふうに、わたしは読んだのですがJKさんの思いとは違ったかな(笑)
甘美な情愛を感じました。

Shinohara #- | 2014.10.08(Wed) 09:59 | URL | EDIT

こんばんは

私は果実を女性だと勘違いしました…。(笑)
失礼致しました。

花音 #CnI/dZk. | 2014.10.08(Wed) 18:56 | URL | EDIT

>Shinoharaさん

こんばんは。

>抽象的な世界ですね。
>果物を擬人化してる、、、といったほうがいいのかな?

そうですね、果実と人が交錯してる感じですね(笑)
詩を読んだ方の自由な発想で楽しんで頂ければ幸いです。

JK #- | 2014.10.08(Wed) 21:00 | URL | EDIT

>花音さん

こんばんは。

>私は果実を女性だと勘違いしました…。(笑)
女性で読んで貰おうと思ったりしてます(笑)
失礼なんかありませんよ。

捉え方で読み手が楽しんで頂ければ、
果実でも女性でも構いません。

この詩が果実を食べるだけなら
退屈な詩ですよね(笑)


JK #- | 2014.10.08(Wed) 21:07 | URL | EDIT

JK様

快楽の宴の後の恐ろしいまでの静寂。
一度リセットされた彼の脳裏には物事の本質が眩しく見えてくるのでしょう。

真実を知ってしまった彼は再び旅を続けるのでしょうか。

心地よい疲労の苦悩と気だるい甘美な妄想が交錯しながら繰り返され、やがては現実に押し戻されるのでしょうね。

それが人生なのでしょうか。

ハゼドン #GWG7oyQ. | 2014.10.09(Thu) 17:37 | URL | EDIT

果実は…なんだろうとずっと考えていました
葡萄かなって思っていたけど、皆さんのコメみたら笑。。果実が女性なら…キュンとしますね♡

dam #- | 2014.10.09(Thu) 22:01 | URL | EDIT

>ハゼドンさん

こんにちは。

簡潔で的確なコメント有難う御座います。
ハゼドンさんの文章はコラムみたいに
読み易いです。

過ちとして感じるのか、
継続してしまうのか。

読み手に感じて頂くものが残れば、
表現に悩んだ甲斐があります(笑)

この詩を描けた事で、
私の詩世界に広がりが出ました。

心に響く詩を手掛けていきたいです。

JK #- | 2014.10.10(Fri) 12:44 | URL | EDIT

>damさん

こんにちは。

>果実は…なんだろうとずっと考えていました
考える事の愉しみを奪わないように
黙っていました(笑)

>果実が女性なら…キュンとしますね♡
キュンと心に残れば、書き手冥利に尽きます(笑)

JK #- | 2014.10.10(Fri) 12:52 | URL | EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- # | 2014.10.10(Fri) 22:30 | | EDIT

>鍵コメm様

こんばんは。

ドキドキされましたか(笑)

私はm様には少々インパクトが強い詩で、
卒倒されるかもと心配してました。

人が持つ感情だとか模様を
描いていきたいので、
今後もこのような詩が登場すると思います。

綺麗事ばかりの詩ですと、
人間味が無くなりますからね(笑)

いつもコメントを有難う御座います。


JK #- | 2014.10.11(Sat) 23:47 | URL | EDIT

はじめまして。

ご訪問ありがとうございました。

こちらの記事を拝見し、ショックを受けました。

すごい詩ですね という言葉でしかお伝えできないのが残念です。


悦に入る僕が鏡に映った

沈黙が憂いを連れてくると



鏡に映った僕に 主観も客観もなくなると

憂いが消えるでしょうけれど、、、、


そうすると、、、この詩はうまれないでしょう。


でも、別の詩は生まれるかもしれません。


Maryam F D #- | 2014.12.10(Wed) 14:23 | URL | EDIT

>Maryam F Dさん

はじめまして。

>こちらの記事を拝見し、ショックを受けました。

>すごい詩ですね という言葉でしかお伝えできないのが残念です。

ショックとは得たいの知れないものを見た感覚でしょうか?(笑)
すごい詩というのもどちらにも取れるお言葉ですね(笑)

詩は皆様が楽しんで頂ければ
私は大変嬉しく思います。

テヘランにお住まいとあり、
私のブログにご来訪頂き、
大変嬉しく思います。

お気軽にお越し下さい。

コメント有難う御座いました。

JK #- | 2014.12.11(Thu) 12:44 | URL | EDIT

POST COMMENT


↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。