FC2ブログ

drip

| EDIT



鈍色の空が


創成の機会を与えてくれた


目を伏せていたものは


見えなくなったけれど


脆弱な陽が


雲の隙間から射し込むと


少しずつ形を変えて


滴となって落ちていく


異世界の終焉の始まりは


いつだって物悲しく


卑屈で嫌らしい世界が蘇る




煙草の煙が天井の色を変えてから


煌々と照らす蛍光灯が醜く


身動きの取れない身体に


繋がったチューブから


カタカナで綴られた液体が


滴となって落ちていく


瞳から溢れた滴は溜まらなくて


余りにも静かで


惨めな出来事で


秒針の音のように


心の奥深くに響くから


目を瞑り 耳を塞いだ




真っ白いフィルターを広げて


安堵の香りを嗅ぎながら


消えてしまいそうな煙を揺らせて


温もりを求めて注ぐ


少しでもそのフィルターで


僕の不純物を取り除いて欲しい


そう願いながら


黒い滴を見つめる


やがて僕の鼓動と重なる頃


胸に滴る想いが沁みて




逢いたいと思う時


あなたはいない



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
Category: lyric
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。