不適合

| EDIT

キーボードから離れ

虚無感を引き摺りながら

不眠の街を抜けていく



夜に蝕まれた人々が

恍惚な顔を浮かべて

通り過ぎて行く



地響きを轟かせて

躍動する地下鉄が

眠りに就くと



実世界が終焉を迎えるように

次々と閉ざされていく

鉄の壁を ただ眺めた



闇に吸い込まれないように

足元に伸びる影を蹴ると



安らげる場所へ

戻れない僕を

不適合者と嘲笑うように

風がシャツを煽った



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
Category: lyric

奇跡の再生

| EDIT

鳥の囀りに目覚め

星の輝きを背に

一日が終わる



日々3,000億の細胞が

僕の中で死に絶え



マクロファージが

取り込むように清掃し

奇跡のように再生され

次の朝を迎える



この単調に見える

繰り返しの中で



僕は何かを変える事が

出来ているのか



産み落とした数ある言葉は

意味を有しているのか



竜頭を

過去でもなく

未来でもなく

現在に合わせる事の意味を



僕という存在理由と

照らし合わせ



複雑に分岐する日々を



鳥の囀りで目覚め

星の輝きを背に



奇跡の再生を

繰り返していきたい



ブログランキング・にほんブログ村へ



Category: lyric
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。