FC2ブログ

赤い橋のたもと

| EDIT

赤い橋を見上げると

まるで僕の心と同じように

亀裂が

あちこちに伸びていた


知らない間に

超過した重荷を

耐えて

耐え抜いて


その隙間から

染み渡る黒い涙を流していた


その橋のたもとに

濁る川を憐れむように

菜の花が彩りを添えて


停滞した流れに

ひしめく廃棄物の音と


待ち侘びた

春を歌う小鳥が


不思議と

僕を支えていた

あなたの声を

呼び覚ました


悟らせるように

宥めるように

叱咤するようにも

聴こえると


ぐにゃりと

春めいた景色が歪んだ


男のクセに

花粉の所為にして

赤い橋のたもとで

色の無い涙を流し続けた



ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト
Category: lyric

観覧車に乗って

| EDIT

遠くにあるものや

近くにいる人が

当たり前のように感じて


時計回りの

観覧車に乗って

グルグル回るうちに

その景色が日常になる


何一つ覚えていられないくせに

知らない間に淘汰されて


別れが訪れると

涙を流し

思い出そうとする


それでもまた

あの観覧車に乗ると

僕らは忘れてしまう


心の中に留めておきながら

同じ景色を求めて


あの観覧車に乗って


あまりにも鮮やかに

忘れてしまう


ブログランキング・にほんブログ村へ


Category: lyric
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。